まずは洗顔から始めましょう

洗顔をするときに大切なことは、肌を直接こすらないことです。洗い過ぎは皮脂の過剰分泌につながります。洗顔をするときは、手を洗って清潔にしてから洗顔フォームや石鹸を泡立てます。このとき洗顔フォームを乗せた手をくぼませ、もう片方の指先ですくい上げるように混ぜると泡立ちやすいです。水は混ぜるときに少しずつ加えましょう。面倒な人は泡立ちネットが販売されているので、そういったグッズを活用するとよいです。しっかりと泡立てた泡で、顔を包みこむように優しく洗います。すすぐときも、シャワーを直接顔に当てて泡を洗い流さないようにしてください。

化粧水や乳液、美容液で肌に水分を与えて保湿する

洗顔をし終わったあとは、化粧水をつけます。化粧水には肌に潤いを与える役割があります。つける量は商品によって異なりますが、500円玉程度が目安です。1度でつけてしまうのではなく、2~3回に分けてつけていきましょう。
化粧水のあとは乳液です。乳液はさくらんぼ大の量が目安となります。乳液は肌の水分が逃げないように保護する役割があります。脂性肌や混合肌の人も、乳液を塗るようにしてください。皮脂が出るのは、肌の内部が乾燥していることが原因の1つです。皮脂が出ているから乳液をつけないようにすると、余計皮脂が出るという悪循環です。
美容液は美白や保湿、エイジングなどの特殊な役割があります。美容液を使って得たい効果がなにかある場合、使用してください。塗るときは、化粧水をつけたあとに塗るのが基本的な使い方です。乾燥肌の人は、最後に保湿クリームなどを塗るとよいでしょう。

品川美容外科の告訴まとめサイト