ぬるい湯にゆったりと入る

入浴は熱いお湯に汗をダラダラ流しながら入るのが良いという方もいますが、美容の観点で見るとこれは肌に良くない方法です。熱い湯は確かにスッキリするかもしれませんが、その熱で肌の油分が失われてしまうからです。ぬるい湯でも油分は失われますが、熱い湯ほど失われることはありません。最悪なのは熱い湯に入ってそのまま何もケアせずに過ごすことで、非常に乾燥してしまいます。
ぬるい湯はなかなか温まりませんが、その分リラックス効果が高いです。心臓などへの負担も軽減されるので美容にも健康にも良いと言えます。

入浴剤を効果的に生かす

入浴剤は様々な物が販売されており、温泉成分が含まれたものや美容効果を高める入浴剤などがあります。これらは肌へのサプリメントのようなもので、各成分が肌をもっちりさせたり血行を促進させたりします。沸かし湯には雑菌の増殖を防ぐ為に塩素が含まれていますが、この塩素は肌の組織を壊してしまう厄介者です。ただ、入浴剤の成分によって湯がまろやかになり肌への刺激が少なくなります。
もちろん、入浴剤を使ったからと言って浴後のケアが不必要という訳ではなく、しっかりと保湿しなければいけません。

ストレッチやマッサージをする

入浴をすると血行が良くなりますが、それにストレッチやマッサージを加えると効果的です。血行が良くなるとそれだけ栄養分が体の隅々まで行き届くので血色が良くなりますし、ガサガサ状態になるのもある程度防いでくれます。
リラックスできれば、その後に入眠しやすい状態になるので良質な睡眠を取ることができます。良質な睡眠は肌にとってプラスです。

品川美容外科の死亡について詳しく