すっぴん美人にあこがれる

もち肌、卵肌などきめの細かく色白の肌にあこがれる女性は多いですよね。食生活や睡眠時間など肌を作る要素も重要ですが、肌を外からの刺激から守ることも大切にしたいものです。

意外!?花粉症が肌荒れの要因に

春になると日が長くなるせいか、気持ちが明るくなる人も多いのではないでしょうか。ただ、花粉症のみなさんにとって春という季節は憂鬱ですね。くしゃみや鼻水など様々な症状に悩まされてしまいます。マスクや眼鏡で防御をしている人も多いのではないでしょうか。

花粉症とアレルギーの関係

花粉症の季節になると肌の乾燥やかゆみを覚えることがあります。マスクの刺激ということもありますが、アレルギー反応が起きている場合もあります。アレルギーというと食物アレルギーや金属アレルギーを思い浮かべる人もいるかと思いますが、花粉症も立派なアレルギーです。他のアレルギーと同様に花粉が肌につくことで免疫系統を刺激し、かゆみが生じます。また肌の表面に傷があると、その隙間に花粉やほこりが入り込み、それも刺激となります。

洗顔で花粉やほこりから肌を守りましょう

人間の顔というのは凹凸があり、水をかけただけでは肌に付着した花粉やほこりを流すことは難しいです。さらに余分な油脂も肌荒れの原因となります。ごしごしと力を込めて洗うとさっぱりした気分になるかもしれません。ですが肌と指の間で摩擦が起き、肌の表面が荒れてしまいます。ますはぬるま湯で顔を濡らし、適切な量の洗顔料を泡立てましょう。泡立てた洗顔料を油脂の多い額や鼻のふくらみに乗せます。その後で優しく顔全体を手のひらで丸く動かしてマッサージするのがコツです。摩擦が起きにくくなります。
洗顔という肌への手軽なケアを使いこなしていきましょう。

品川美容外科の訴訟について詳しく