朝はコップ一杯の水から始まる

肌が美しいと、全てが美しく光り輝いて見えます。美肌を作るためには、朝の習慣を見直すことが大切です。ではいったい、朝にどのような活動をすれば良いのでしょうか。まずは、起きてすぐにコップ一杯の水を飲むようにしましょう。味などが付いていない、純粋な水の方が良いでしょう。これは体内に新鮮な水を行き渡らせるという意味合いもありますが、眠っている腸を動かす役目も果たしてくれますので、便秘になるのを防いでくれます。

朝食にはフルーツを摂る

朝食はブレックファーストという名前の通り、睡眠をとることによって行っていた短い断食を終える役目を果たします。ですので、朝一番に最初に口にしたものというのは身体に吸収されやすいということが言えます。お肌のことを考えますと、やはりビタミンCがたっぷりと含まれているフルーツを食べることを優先しましょう。柑橘類でも良いですし、イチゴなどのベリー系も効果的です。また、美肌効果のあるトマトは野菜ですが、フルーツの一種と考えて摂取しても良いでしょう。

肌はぬるま湯で洗うこと

続いて、美肌を保つためには、朝の洗顔方法にも気を付けなければいけません。眠っている間にはアクネ菌などがびっしりと顔に張り付いていますので、必ず洗顔フォームを使うようにしましょう。また、熱いお湯や水などは肌に余計な刺激を与えてしまいますので、出来るだけ人肌程度のぬるま湯で洗うようにしましょう。その際、ゴシゴシと強くこするのではなく、そっと優しく壊れものを扱うような感覚で洗うと良いでしょう。洗顔フォームも、刺激が少ない泡状にして使いましょう。

品川美容外科の判例まとめサイト