青クマはオレンジ系のコンシーラーで

目の下にクマがあると一気に疲れた印象や、老けた印象になってしまいますよね。朝起きてクマが酷い!と思ったら、メイクでカバーしましょう!目元のクマはコンシーラーを使うと、カバーしやすいですよ。ただ、クマの種類別にカバーしやすい色に違いがあるので、そこだけは注意しておきましょう。例えば、青クマの場合はオレンジ系のコンシーラーがおすすめです。青の反対色に近い温かみのある、オレンジカラーのコンシーラーは、青クマをカバーしやすいんですよ。

茶クマはイエロー系がお勧め

色素沈着で起きてしまう茶クマは、イエロー系のコンシーラーでカバーしましょう。茶クマをコンシーラーでカバーしようとすると、どうしても目元を明るくしたくなって、肌よりも明るめのコンシーラーを選んでしまいがちですよね。でも茶クマの場合、明るめのコンシーラーでカバーするのはNG!自分の肌よりも明るい色のコンシーラーを塗ると、時間が経つにつれ色素沈着が浮き上がって見える事があるんです。メイクが浮いてしまう可能性があるので、茶クマの場合は自分の肌の色より少し暗めのコンシーラーを選びましょう。

黒クマはパール配合のものを選ぶ

目の下の皮膚がたるんで影が出き、それがクマのように見えてしまう黒クマは、パールを配合したコンシーラーを使いカバーしてみましょう。光を集めるパールを目の下に塗る事で、影を目立たなくする効果を発揮するんですよ。コンシーラーといえば固めのテクスチャーというイメージがありますが、黒クマをカバーする場合はリキッドタイプなどテクスチャーが緩めのコンシーラーがおすすめです。リキッドタイプはツヤ感があるので、より影を目立たなくする効果が期待出来ます。

品川美容外科の提訴について詳しく