大半はアクロコルドン

若いころは首にイボなんてなかったのに、いつの間にかイボがたくさん増えていた…なんてことはありませんか?首のイボにも色々ありますが、一番多いのはアクロコルドンという良性の腫瘍です。健康には影響がないので、別に放置しておいても構わないものではありますが、そのままにしているとどんどん増えてきますし、結構目立つんですよね。ネックレスに引っかかってしまうことも。アクロコルドンは治療で治せますから、皮膚科に相談してみてくださいね。

イボの原因と治療法は…?

はっきりしたことはまだ解明されていませんが、30代以降になると発生しやすいので老化が原因の一つである可能性は高いようですね。ウイルス性のものでもありません。首以外にも皮膚が柔らかいところに出来やすく、服やアクセサリーの摩擦でできてしまうことも。治療する場合は、液体窒素を使って凍結療法を行ったり、ハサミでイボを除去するなどの方法があります。炭酸ガスレーザーでアクロコルドンを焼き切る方法で処理することも可能です。

ヨクイニンが効くの?

老化でできるイボの除去にヨクイニンやハトムギがいいと言われており、最近ヨクイニンのサプリメントが増えていますよね。ヨクイニンはターンオーバーの速度を上げることで、皮膚の下にある古い角質を排出しやすくするほか、コイクノライドという成分がイボにいいと言われています。ハトムギとヨクイニンは同じものなので、どちらを飲んでも大丈夫です。毎日飲むことで身体の中からイボ予防と肌荒れのケアをすることができますよ。

品川美容外科の裁判について調べる