水だけで顔を洗うようにする

洗顔する時は小さな頃から当たり前のように石鹸や洗顔料を付けて洗います。洗い終わった後は肌がスベスベして、とても綺麗になるので精神的にも爽快な気分になります。洗顔直後は特に問題無いですが、重要なのはその後です。実はきちんと洗顔料などを洗い落としたつもりでも意外と顔に残っているものです。それが雑菌のエサとなるので、増殖スピードを上げてしまうのです。結果的に洗顔したのにニキビが次々と発生するというような悪循環に陥ってしまいます。

化粧を極力しないようにする

女性にとって化粧は当たり前のことで、化粧をせずに外出するのはあり得ないと考える方も多いです。また、化粧は身だしなみの一つという考えもあり社会人として働くのであれば化粧をしていないと違和感があります。どうしても化粧をしないといけないのであれば仕方ありませんが、そうでなければ化粧をしないという選択も良いです。化粧は少なからず肌へダメージを与えるので、毎日化粧をすると常にダメージを与えているということになります。

食事の進め方を見直す

食事というのは、品数にもよりますが色々なおかずを順番に食べるのが一般的です。しかし、順番に食べるより一つ一つの皿を完食するような食べ方の方が良いです。例えばサラダを完食してから魚を完食して、最後に米を食べるような具合です。このように食べた方が内臓への負担を軽減できて食後の血糖値上昇も抑えることができます。血糖値が上がり過ぎると糖尿病の引き金にもなりますし、美容の観点から考えても良いことではありません。

品川美容外科の訴訟について詳しく