潤い肌を保つには水分保持が大切

赤ちゃんのようにぷるぷる潤った肌は、多くの女性の憧れですよね。ですが、肌のバランスが乱れたり、乾燥の激しい季節は肌がかさついてしまいがちです。カサカサ肌にならないためには、こまめな肌の水分補給が大切になります。ポイントは、無理に肌の脂をとりすぎないことが挙げられます。朝起きて、肌がかさつきがちの時は洗顔フォームの使用を控えてぬるま湯のみの洗顔にする、などその時の肌に合わせたケアをすることが大切になります。

化粧水は洗顔後すぐ付けるように気を付ける

洗顔をすると顔の余分な角質や皮脂をとってくれるので、さっぱりしますよね。しかし、洗顔後にそのままの肌で過ごしている人は要注意です。洗顔後の肌はとてもデリケートな状態で、水分が蒸発しやすくなっています。洗顔後は速やかに化粧水や乳液をつけて、肌を保護してあげるように気を付けましょう。1秒でも早くケアをすることで、肌の乾燥を防ぐ効果を高めることができるかもしれません。また、乾燥がひどい時には化粧水をたっぷりと染み込ませたコットンパックをするのも良いでしょう。

洗顔の時は温度も大切

洗顔する時は、その温度に気を配ることも重要といえます。高すぎる温度で洗顔をしてしまうと、顔の皮脂をとりすぎてしまい肌の乾燥を招く原因になってしまう恐れがあります。また、冷たすぎる水では毛穴の汚れを落としにくいといわれており、洗顔にはぬるま湯が良いとされています。ぬるま湯で速やかに洗顔することで、肌へのダメージを最小限に抑えることができるでしょう。また、洗顔する時には指先に力を入れずに優しいタッチでおこなうことが大切になります。

品川美容外科の起訴について詳しく